読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都からmonokoto

暮らしをちょっと豊かにするブログ

秋の夜長に家カフェ 気軽にハンドドリップ入門

 コンビニコーヒーのヒットや缶コーヒーの味の向上、コーヒーチェーンの増加など益々コーヒーに触れる機会が増えてきました。町中にもカフェも見かけたり、小さい規模の焙煎所からいい香りがしてくるなんて言うのも珍しくなくなってきました。

 

外で飲んだコーヒー美味しすぎて、インスタントで満足できずに自分でハンドドリップを楽しんでいる人も多くなっています。

今日はそんな自分で家カフェをしたいと思っている方にお勧めの機材や、そろえるべき物や入れ方なんて書いてみたいと思います。

f:id:takasi13:20161015181416j:plain

・ハンドドリップは簡単

 

喫茶店でよく見かけるポットを使って淹れる所作、立ち上がる湯気、あたりを覆う香り、こぽこぽと音を立てながら落ちていくコーヒー。まるで茶道のようにその所作にルールがあるかのように感じられ一見すると難しく感じられます。

 

しかしコーヒーの淹れ方は自由です。紙や布を使ってドリップや深入りした豆を極細にして高温、高い圧力で抽出するエスプレッソ、薫り高く淹れられるサイフォン、水出しのダッチコーヒー、最近開発されたのでは専用の器具で圧力をかけながら抽出するエアロプレスなんてものもあり日々プロアマ問わず研究されています。

 

その中でも比較的簡単かつ本格的なハンドドリップを説明したいと思います。

 必要なもの

  • 中焙煎の豆
  • ポット
  • ドリッパー
  • サーバー
  • ミル
  • 温度計

 

・中焙煎の豆をミルで挽きます。

ハンドドリップは豆の良さがわかる浅煎りから中煎りぐらいが向いていると言われています。シングルオリジンで豆にあった焙煎具合で飲みたい!という方以外は普通の中煎りでいいと思います。わからない場合はお店の方に聞くのが一番です。

 

ミルはいろいろと種類がありますが、よく見かけるアンティーク調のやつや電動ミルなんてものもありますが、大事なのは蓋つきのものを買うことです。特にアンティーク調の奴はオープン型が多いので豆を挽いているとカスが飛び散って掃除が大変です。

今のおすすめはセラミック歯を使った分解掃除のできるタイプのものです。これなら刃も錆びないし、掃除も楽またコンパクトなものが多いので収納もしやすくなっています。

 

豆の挽き加減は中挽き(粒の大きさが1ミリないぐらい)がベストです。濃いコーヒーが好みなら細目に、薄いコーヒーが好みなら大きめに挽くと味加減ができます。

最初に買ったミルは刃が動かないようネジが絞められた状態でそのまま引いてしまうと極細になってしまいますので、最初はキッチンペーパーの上などで(どのくらいの大きさかわかりやすい)試し挽きを必ずして下さい。

 

 

・ドリッパーで濾す

予めポットで湯を沸かしておきます。ハンドドリップは湯温82~86度ぐらいが適温と言われています。強火でガンガン火をかけるとすぐに沸騰してしまうので一番の弱火で火をかけます。その間に豆を挽いたり、サーバーを用意したりします。

ドリッパーはいろいろな形があり大きく分けて2つの型「透過型」「浸漬型」その中でもメーカーの思想により多彩な種類がある。

 

その中でもおすすめはハリオのV60シリーズです。理由は見た目です。

 

半分冗談ですが本当です。オプションが多彩で木でできたかっこいいサーバースタンドやハリオお家芸のガラスでできたドリッパー。安価なプラスチックや高価な陶器など種類やその見た目で所有欲が満たされます。

しかも機能的にも優れていて、スパイラルリブによってできた空気の通り道で美味しく蒸らせ抽出スピードも意のままに操れ、濃い・薄いの調整がききます。サードウェーブコーヒーの本場アメリカ西海岸ではハリオV60はマストアイテムになっており、見た目や機能性が大変評価されています。

 

挽いた粉をドリッパーにセットしたペーパーフィルターの中にいれて粉を水平になるようとんとんと揺すります。83度ぐらいのお湯を中央から静かに回しいれ、下からぽたぽたと落ち始めたら湯を止め、蒸らします。

30秒ぐらい蒸らしたらまた中央部から回し入れ湯を注いでいきます。落ちる量を見極めながら2度量によっては3度とくりかえします。一般には湯を落とし切ると雑味や苦味が混じると言われています。落ち切る前にサーバーから離しましょう。

 

ハリオはするすると湯が抜けていくので私は豆の量を若干多い1人前15グラムで計算しています。

 

いかかでしたか?初期投資の点数が若干多いのですが全部そろえても1万円でお釣りがきます。大人の趣味としては非常にコスパはいいです。初期費用を抑えたい方は豆は粉で買ったりサーバーを買わずに直でマグカップにそそぐなどしたら費用も抑えられます。

 

秋の夜長に自分好みのコーヒーを追及するなんてのもなかなかかっこいいですよね。